融資(投資ローン)攻略法

不動産投資成功のカギを握る重要な要素は、資金調達です。
資金がなければ買えないですし、金利変動や空室、修繕等のリスクに対応する余力を持つためにも、有利な条件で融資を得ることも必要です。また、自己資金をあまり使わずレバレッジを効かせることで、投資利回りはさらに高まります。
しかし、ご本人の属性や、お住まい、物件の所在地や構造、築年数などによって融資条件は異なりますし、都市銀行、地方銀行、信用金庫、ノンバンクなど持ち込むのに適切な金融機関も異なってまいります。
そこで、弊社はお客様に代わり、お客様と物件とのマッチングを考慮しながら、最も有利な条件を引き出すべく、あらゆる金融機関と融資交渉を代行いたします。また、限られたローン特約期間の中で融資審査を通さなければならないので、スピーディーに動けるというのも弊社の強みです。

提携融資サービスの仕組み

融資をご利用の場合は、直接お会いして詳細な打ち合わせをすることによって、投資エージェントが融資審査に必要な書類作成を行います。最適な金融機関と物件の組み合わせを選び、有利なローンを引き出すためにも、直接お会いすることが必須です。

提携融資サービスについて

融資のご相談及び、本サービスは無料にてご利用いただけますが、融資代行のみでは承っておりません。物件取得とセットでお願いしておりますので、その点をご了承ください。なお、2件目、3件目等ご購入の場合は、借り換え交渉(金利引下げ)も同時に行っておりますのでご相談ください。

融資のココがポイント

金融機関によって審査基準は異なりますし、同じ金融機関でも、支店や時期によって判断が変わる場合があります。また、融資担当者によっても不動産融資への積極性が異なります。投資物件は二つと同じものはなく、ケースバイケースで審査されますから、あきらめないことがポイントです。
また、ご家族の状況や資産背景、肩書き等、プラス査定になる材料をどれだけ出せるかということも、融資条件や審査スピードに影響を与えます。

失敗しない融資のコツ

自己資金の使い方や取得する物件の順序、時期を間違えますと、タイムリーに融資を引き出し資産を増やしていくことが難しくなってしまう場合があります。逆にそこをうまく運べば、よりスムーズに資産を増やすことが可能になります。 ここに弊社エージェントとご一緒に戦略を練ることの優位性があるのです。

既に住宅ローンを組んでいるけど投資ローンは組めるの?

もちろん大丈夫です。住宅ローンを考慮する金融機関もありますが、投資ローンは賃貸経営という純然たる事業とみなし、住宅ローンとは別個に扱ってくれる金融機関もあります。住宅ローンを抱えているが、不動産投資も検討したい、という方も、ぜひお気軽にご相談ください。

個別カウンセリングのお申し込み

ご相談・お問い合わせ 
2時間:10,000円

カウンセリングのお申し込みはこちら